タンザニア・ザンジバル島の世界遺産ストーンタウンに宿泊。ホテル地図。


はじめに

ザンジバル島の歴史ある町、ストーンタウン、海の見えるホテルに泊まりました。

ザンジバルって?

タンザニア本土からフェリーで2時間、セスナで20分のリゾート島。元々奴隷貿易で栄えていた歴史的背景を持つため、遺産として登録されている建造物も多く残っている観光地。

f:id:HajimeShinohara:20150830030659j:plain

地図的にはここです。(google map)

さらにタンザニアに近寄ると・・・。

f:id:HajimeShinohara:20150830030825j:plain

こんな感じの本土と比較すると小さな島です。

日本からは直行便はもちろん無く、少々行きづらいこともあって、あまり知られていない様子です。もっとも私もタンザニアに行くまでは知りもしませんでした。

f:id:HajimeShinohara:20150830183358j:plain

大まかに言って西側に街(ストーンタウン)が、東側がビーチリゾートとなっています。東側のPajeには日本人が経営するホテルもあるんだとか。

ということで小さな島です。

ホテル

今回重視した点は、

・ストーンタウンという世界遺産指定の町があるのでそこに宿泊
・海沿いだし、海が見えるところ
・できればアフリカっぽいところ

上記を踏まえて、例によってExpediaで絞込検索をしました。上記以外は大体価格のレンジで一番下と下から二番目を設定しました。学生なんでその辺は。

https://www.expedia.co.uk/Hotel-Search?storedCheckoutField=&storedCheckinField=&lang=2057#destination=Zanzibar,+Tanzania&startDate=06/09/2015&endDate=07/09/2015&adults=1&regionId=4186&view=results&price=0,1&sort=price

ただしExpediaではサービス料や税は別に計算され、購入しようとした際に足されるため、結局安く表示されていた方が、結局は高くなる現象があるので数千円くらいまでは変動は予想されます。

また、基本的にはツインの宿が多いのでどうしてもシングルだと高くなる傾向もあるのでご注意を。

ヒットした中から上記基準に合うものを複数選び、最終額が安いものにしました。

結局こちらにしました。キャンペーン中でちょっと割引もされていたし!

Africa House Hotel

f:id:HajimeShinohara:20150830190440j:plain

海側。

f:id:HajimeShinohara:20150830183843j:plain

ストーンタウン側受付入り口。

Home

www.tripadvisor.co.uk

いかにも名前がアフリカな感じ。ストーンタウンの建物に溶け込んでいます。

内装はいかにもアフリカの貴族といったところ。螺旋階段にシャンデリア。赤と白と黒を基調したシックな感じ。

f:id:HajimeShinohara:20150830183945j:plain

ロビー。いすがいかにも南国風。

f:id:HajimeShinohara:20150830190326j:plain

部屋。蚊帳とレースを兼ねた王族御用達風ベッド。

f:id:HajimeShinohara:20150830184107j:plain

風呂もちゃんとお湯が出るどころか、タオル付き、アメニティ付きでした。さらにザンジバルって書いてある。

f:id:HajimeShinohara:20150830184337j:plain

部屋にもコーヒー付き。Zanzibar限定(?)のミネラルウォーターZanAquaも置いてあります。

f:id:HajimeShinohara:20150830184627j:plain

ZanAqua。

f:id:HajimeShinohara:20150830184700j:plain

成分まで書いてある。

f:id:HajimeShinohara:20150830184721j:plain

部屋をでてすぐ、正面に海が見えます。

f:id:HajimeShinohara:20150830190030j:plain

レストランももちろん海沿いです。

f:id:HajimeShinohara:20150830184929j:plain

夕食は「海見えるし、シーフードでしょ!」ということで、キングプラウンのガーリックあえを注文。欧米人が多いのか、チップスが添えられていました。

f:id:HajimeShinohara:20150830185115j:plain

景色効果もあってか、おいしかった。

そして海辺のレストランといえばお決まりのこの景色。

f:id:HajimeShinohara:20150830185609j:plain

海に沈む夕日による夕焼けの見えるレストラン!!!(ヤシの木のシルエットつき!)

その後ゆったりしていると、席まで来てくれたレストランバーのマネージャーに、
「アフリカっぽいカクテルが飲みたいんですけど、おすすめは?」と聞いたところ出てきたのがこれ。

f:id:HajimeShinohara:20150830185903j:plain

ココナッツカクテル。ピニャコラーダ。それっぽいパラソル付き。

ココナッツカクテルがココナッツくりぬいたものに入ってる!

これこれ!こういうの!!さすがマネージャーさん!なんかココナッツ削ってちょっと食べることまでできました。

標準的なレシピ

ライト・ラム : 30ml
ココナッツ・ミルク : 45ml
パイナップル・ジュース : 80ml
以上の材料を氷(やや大きめの氷)シェイカーに入れ、シェイクしたら、クラッシュド・アイスを入れたグラスに注ぐ。なお、グラスの縁にはパイナップルを飾る。 ココナッツ・ミルクを用意できない場合、ラムとココナッツ・ミルクの代わりにマリブを用いることもある。

ピニャ・コラーダ – Wikipedia

朝起きて、すぐ。朝焼けを確認。素晴らしい。

f:id:HajimeShinohara:20150830190210j:plain

朝食はイングリッシュブレイクファストフード「もどき」。ハッシュブラウンの代わりにコロッケのようなものが。

f:id:HajimeShinohara:20150830190231j:plain

席まで来て、注文をとってくれる。もちろん海の見えるレストラン。「もどき」の方は微妙だったけど、ミックスジュースおそらく、マンゴー、パイナップル、オレンジ、キウイ?はすごく美味しかった。

尚ホテルの一階では、ツアーやアクティビティの各種予約もできます。全く同一のドルフィンツアーは、ネットで見ると、80ドルとか70ドルとか書いてありましたが、ここで予約すると20ドルでした。

シェア

関連記事