ファンキーでクレイジーなアムステルダムのあれな感じのおすすめお土産3種類


観光地・旅行先といえばお土産。オランダ・アムステルダムも例にもれずにいろいろあります。アムステルダムといえば麻薬と売春が合法なことでも有名で、お土産もそれにちなんだものが多い印象です。尚、本記事は、あくまで観光地のお土産の紹介記事です。Googleさんに怒られないといいけどね。

お菓子

お土産の定番といえば、なんといってもお菓子。もらった方としても食べてしまえば気に入らなくても問題なし。場所にも困らない。分けやすい。

アムステルダムにももちろんお菓子はいろいろありました。そのコーナー。

何やら緑色ですね。飴もチョコも緑色。確かに緑色の食べ物は健康にいいですからね!よく見るとこちら、すべてHempと書いてあります。困ったときのWikipedia先生。

f:id:HajimeShinohara:20160902015025p:plain

Hemp – Wikipedia, the free encyclopedia

Hemp=大麻。大麻の味がするチョコレートや飴!

なんとも健康そうなお土産。

こんなものも売っていました。

Cannabisは同様に大麻。大麻エナジードリンク。なんとも元気100倍、本当に翼を授かれそうな大麻。

実際これ買って飲んでみました。

味は、Red Bullとそんなに変わらなかった気がします。ちょっとたまーにヨーロッパで裏路地をあるいていると、鼻にツンとするようなフレイバーがしました。

さて、なんなんでしょうか。これがあれなんでしょうか。たぶんあれでしょうね。

シャツ

Tシャツも観光地お土産としては相当に有名ですね。そこかしこの町のお土産屋は少なくとも壁一面はご当地Tシャツが売っていますね。まずはジャブでこちら(シャブではなく)。

おお、典型的なTシャツですね。地名が書いてある。なんとも見たことありげな文字で書いてあります。「アムステルダム」。よく読めますね。

…こちら、秋葉原のドン・キホーテではなく、オランダのアムステルダムです。Amsterdam in the Netherlandsです。なんでカタカナ!!!

次行きましょう。ディズニー映画「ピーター・パン」永遠に子供の主人公。ティンカーベルの妖精の粉(pixie dust)を振りかけると、人間も飛べるようになる。そんな彼ら。こちら、アムステルダムに。

f:id:HajimeShinohara:20160902020616j:plain

おお、なるほど、妖精の粉はもしかしたら、あれだったのかもしれませんね。粉じゃなくて「妖精の草」。

確かに上のエナジードリンクをちょっと飲んだら、空を飛べるようになる気分になったような気がする。楽しいことを想像したら、You can fly, you can fly, you can fly. 空を飛べちゃうかも。


Peter Pan Lyric Video | You Can Fly | Sing Along

最後3枚目はこちら。ディズニーつながりでこちら。先月のラスベガスの記事でも出演いただいた、僕らのクラブのリーダー。4本指スーパースターの彼。何やらその彼が…?

f:id:HajimeShinohara:20160902020617j:plain

「ハハ!」

やー、ミッ○ー!何やってんの!夢と魔法の国の王様!

いや、むしろ夢と魔法の国の王様だからそんな感じなんでしょう。

いやむしろこの手、手だけじゃわからないけど「彼女のほうかもしれない。」

f:id:HajimeShinohara:20160822015510j:plain

グローバルな夢と希望は常にいじられ役も買うようですね。

ラスベガス。噴水や路上パフォーマンスが斜め上を行き過ぎていた話。【飲酒/着ぐるみ】

カップなど

マグカップや塩コショウケースなどもかなりメジャーなお土産ですね。アムステルダムでも見つけました。

おお、マグカップに塩・コショウケースまでいろいろ。赤いし、なんとなくアムステルダムっぽい。

その中のひとつをよく拡大してみてみましょう。

f:id:HajimeShinohara:20160902021636j:plain

おお。おお。塩ケース。ただの塩ケースです。ただの色が赤い塩ケースです。ヨーロッパの食卓には1‘セットは必要なあれです。いや、あれじゃないですが、あれです。

確かに白いのも出てくるけど。確かに。おお、斬新だ。

これを見た後に、公道にある車止めを見ると、なんか違って見えてくる。

これはただの車止めです。歩行者と車を分けるために道路に立っています。たださっきの塩コショウケースが頭によぎる関係で、なんだかあれな感じに見えちゃうようなあれな感じ。なんかあれに見えちゃうけど、ただの車止めです。意識してるかしてないかはわからないけど、やっぱりただの車止めです。

終わりに

本当は、大麻味のチョコレートを買って帰りたかったものの、世界有数の厳しさを誇るイギリスのイミグレーション。没収されるだけならまだしも、逮捕されたり強制送還されたら元も子もないので、今回は残念ながら大麻チョコはあきらめ、オランダのワッフルを買って帰ることに。

(※オランダのお土産はこういう典型的な「通常のお土産」もちゃんとあります。念のため。チーズやミッフィーも有名ですね。念のため。)

アムステルダムのお土産屋、面白いのでぜひ立ち寄ってみてくださいね。ハハっ!

飾り窓の売春ミュージアム!アムステルダム/オランダ/感想/値段/システム

シェア

関連記事