ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニックキャッチコピー力の基本【レビュー】


はじめに

ブログを書いていると、時たま「どんな題名の記事が読まれやすいんだろう?」「どんなコピーが目を引くんだろう?」と思い体系的に読んでみようと思い、題名やキャッチコピーの本を手にとって見ることにしました。正確にはKindleストアで購入ボタンをクリックしてみることにしました。

なぜ数あるキャッチコピーの本の中からこの本を?

キャッチコピーの本は数ある中で、あえてこの本を選んだ理由はなんでしょう?

これはこの本のキャッチコピー力に拠るものでしょう。

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

 
ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本

ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本

 

個人的に背番号にもしている番号「77」が好きだったからです。ただそれだけです。

ただ本の中にも具体的な数字を入れる旨が書かれていたので、それに引っかかっているといえばその通りです。

 

内容は・・・?

本の内容はタイトルに「キャッチコピー力の基本」とあるように、教科書のようです。

特に「Hint!(番号)と見本」という対になっている書き方が、特に物理や数学の教科書の公式と例題のように感じられました。

それぞれ、解説付きの具体例を大まかなグループ分けと共に記述されていて読んですぐに、むしろ読みながらでも使えそうな本です。

私が購入したバージョンはKindle版ですが、教科書として使う場合は紙の本がよいかもしれません。

今後この本を使って記事の題名を改良していきたいところです。題名を改良してアクセス数が伸びたら、この本である可能性が非常に高いです。

キャッチコピーやブログをかく人だけにとどまらず、プレゼン資料などにも触れられており、いかなる媒体でも何かを発表する機会がある人には役に立つと思います。 

 

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック

 
ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本

ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本

 

 

関連記事

http://www.hajime77.com/entry/review-Kindle/

www.hajime77.com

 

シェア

関連記事