「夢をかなえるゾウ」水野敬也【レビュー】


一時期はやったベストセラー「夢をかなえるゾウ」。Kindleを購入した際おすすめに表示されているのを機に購入し読んでみました。一言で言うと「自己啓発系小説」という新ジャンル名がつけられそうな本です。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ 文庫版

夢をかなえるゾウ 文庫版

<h3


id=””>

概要

インドの象の形をした神「ガネーシャ」が、自らの人生をパッとしないと考える主人公の前に現れ、「変わりたい」という主人公を、いくつもの宿題を出しつつ、主人公の人生を変えていく話。世界の偉人やそのエピソードが多数登場する。参考文献に自己啓発系の本が多数利用されていることからも、本書は「自己啓発系小説」といった感じの内容となっている。

課題をやってみた。

本書に課題をやるように書かれているので、今まで課題をやっているのかどうかをちょっと確認してみた。尚課題リストをブログに書くのがいいのかどうかは分からないが、課題リストを出しているブログを何個か見つけたので便乗してみることにする。尚、画期的な宿題は全く無い。

では順番に検証していきましょう。

靴を磨く

革靴は、ディナーなどの際には磨いてます。普段の靴はたまに洗っている。なのでクリアでしょうか?

コンビニでおつりを募金する

ほとんどこの手の募金はしたこと無いな・・・。たまにデポジットのコップを返さないで募金に回す。チャリティ活動には便乗したりしてます。

チャリティをしなさいということだったので、チャリティプロジェクトでタンザニアのスラムまで行ったりしてるから、一応形は違えどクリアと言えばクリア?

食事は腹八分にする

自分で作って食べていると、そんなに満腹になるまで作らないから自動的にクリア。ただしバイキングとかに行くとこの限りでは無い。まあ毎日じゃないし特別な日ってことで。

人が欲しがっているものを先取りする(相手が何をしてあげれば欲を満たすか考える)

気が利くね。ってやつですよね。自分では判断できないような・・・?

会った人を笑わせる

常に何かしら仕込んでます。

トイレ掃除をする

ああ、一応洗剤かけたりは定期的にやってます。ただピカピカではないかな。。

まっすぐ帰宅して未来への投資時間を確保する

そもそも研究所から家まで自転車で10分なので寄り道する場所が無い。あったとしてもスーパーで買い物など。

その日頑張れた自分をほめる

これ全くやってなかったけど、重要かも。

1日何かをやめてみる(やめた時間に何をしたか把握する)

あんまり意識したこと無かったけど、例えばパソコンつける代わりにKindleで本読むとか・・・?やってみようかな。

決めたことを続けられる環境を作る

物にもよるし、程度にもよると思うけど、基本的にやると決めたらやるので、これはもう整ってるかも。

毎朝、全身鏡で身だしなみを整える

全身鏡、無いな。

自分が一番得意なことを人に聞く

聞いて無いわ。

自分の苦手なことを人に聞く

これも聞いて無いわ。

夢を楽しく想像する

たまに、楽しいこと考えちゃうよね。

何があっても『運がよかった』と言う

ポジティブ思考か。何があってもっていうのが難しいですね。

ただでもらう

これも難しいような・・・?ただで助けてもらったりする関係はいろいろあります。

明日の準備をする

何年も前から常にでかいポストイットに書いているわ。そういえば。

身近にいる一番大事な人を喜ばせる

頑張ります。プレゼントとか、仕込みである程度はいけていそう。

誰か一人のいいところを見つけてほめる

機会があったらね!

人の長所を盗む

常に意識はしてるけど、どの程度か、どの次元かによりそう。

求人情報誌を見る

たまにくるセミナーの連絡とかなら・・・。

お参りに行く(できることは意味ないと思ってもする)

初詣とかは行きますよ。

人気店に入り、人気の理由を観察する

こんなの興味本位でたまに考察してるような。

プレゼントをして喜ばせる

上の仕込みと同じような?

やらずに後悔していることを今日から始める

これ、考えたんだけど、思い当たらなかった。既にある程度は好き放題やってる感じがする。

サービスとして夢を語る

そんな夢、あるかねぇ・・・?(もしかしてこれがやばい考え方?)

人の成功をサポートする

手伝いはしてます。多分。程度による。

応募する(才能を認められる)

出せるものは出す精神でやってます。ただし、これも程度による。

毎日、感謝する

感謝するのは重要だとおもうけど、何でも「○○に感謝!」ばっかり言っているのはなんか違う気がする。それこそ「キチョハナカンシャ」みたいになっちゃいそう。

system-techou.net

総じて「程度と物によるけど・・・」という枕詞がつきまくった結果となりました。大体7割くらい。普段物性物理みたいな厳密なことを扱っていると、アバウトに応えるのがちょっと怖くなっちゃうんですよねぇ。

ということで、何個かは既にやっていて、何個かはやってみる価値がありそう。

ガネーシャ

f:id:HajimeShinohara:20160213032258p:plain

ガネーシャ(गणेश, gaṇeśa)は、ヒンドゥー教の神の一柱。インドでは現世利益をもたらす神とされ、非常に人気がある。「富の神様」として商人などから絶大な信仰を集めている。

ガネーシャ – Wikipedia

なんかどこかで見たことあるような感じのゾウですね。インドの神だったとは!

終わりに

本書自体も面白く、この続編も気になるところである。それ以上に私が個人的に「兵法」等の古典が好きなこともあって、歴史上の偉人の自伝や彼らのあまり表には出てこないようなエピソードを、素直に読んでみたくなった。

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ 文庫版

夢をかなえるゾウ 文庫版

シェア

関連記事