アウトリーチの重要性スポーツを題材に【活動/事業/音楽/研究/大学】


シェア

こんにちは。篠原肇(@HajimeShinohara)です。ベンチャースポーツ(マイナースポーツ)を普及したいという人が多い中、どういう能力が必要か?と考えていたところそのひとつが「アウトリーチ能力」という結論に至りました。今回はそのアウトリーチ能力についてみていきたいと思います。

アウトリーチの重要性スポーツを題材に【活動/事業/音楽/研究/大学】

アウトリーチとは?

そもそもアウトリーチとは何でしょうか?

アウトリーチ(名詞:Outreach、英語動詞では、Reach Out)とは、英語でを伸ばすことを意味する。福祉などの分野における地域社会への奉仕活動、公共機関の現場出張サービスなどの意味で多用される。

同分野の専門家以外を対象とした、一般向けの成果発表会、普及講演、研究施設の一般公開などもアウトリーチ(Reach Out)活動に含まれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81

この中で今回の記事で取り上げるものは、科学技術の一般への説明のように「分野のことをわかってもらうために、分野外の一般に説明する」ことを指します。見方によっては広報の一部とも言えます。

研究や音楽もそうですが、ベンチャースポーツに代表されるように、認知度が低く、今後拡大をさせていくには、新たな認知と少なくとも興味を持ってもらう人を増やしていく必要があります。そのためには、内輪でなれあっているのではなく、積極的に「勢力」を拡大する必要があります。その方法の一つとして効果的なものが、このアウトリーチです。

何事にも分野外の人に興味を持ってもらう必要があります。客観視やメタ認知という一種のコミュニケーション能力が必要なので、苦手とする人も多いようですが、最も効果的な能力の一つなので是非意識していただきたいと考えています。

最近ではパロディやコラージュを使うものもよく見かけるようになってきました。ブームとなったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でもパロディの元をたどった人も多いのではないでしょうか?

ベンチャースポーツ(マイナースポーツ)におけるアウトリーチ

さて、具体例としては例によってスポーツを使います。アウトリーチにも様々あるかと思いますが、ここでは、競技名を聞いたことすらない人に、少しでも「面白そう」と思ってもらうことに焦点を当てたいと思います。

サッカーをやっている人やそこそこ見る人には「オフサイド」や、フォーメーションの布陣を説明してもわかるかと思いますが、サッカーをそんなに知らない人は「サッカー?手使っちゃいけないんでしょ?」くらいが一般的な知識でしょう。世界でも有力で日本でも一位二位を争うような競技ですら認識はこの程度なのですから、競技名を聞いたことすらないような競技では、なにも知られていないという前提で物事を話していかないといけません。

そこであげられるのがブログをはじめとしたネットメディアの活用です。意識的に初めての人でも興味を持って、見やすいものを書く必要があります。作文なんてスポーツと同様です。練習すればうまくなります。シュート練習も毎日やっている間にうまくなっていきますよね。

第一歩は皆さん書いているであろうブログなどを、内輪なものにするのではなく、初めての人にもわかりやすく説明をする努力をすることです。

 

さてブログを書くといっても、ブログがない人、ブログも検索SEOに弱いと、宣伝能力が半減します。世の中に、非常に見やすいデザインのものが出てきている以上、テキストだけのページは厳しいです。スマートフォン対応でないサイトの厳しいでしょう。また、競技名だけだと、検索に引っかかりません。というのも検索をするには競技名を知っている前提が必要です。ただ、それでも日本代表に興味がある人はかなりの数に上りますので、まず日本代表を入口にし、様々な競技に目が行くように作っています。明らかに平均的なウェブサイトよりも滞在率が高いのが日本代表に興味がある人は、ほかの競技にも興味があるひとつの証拠と言えそうです。

それらを最適化したサイトを運営しています。具体的には日本代表倶楽部のページにあげましたので、こちらを参照ください。

日本代表倶楽部

よって書くだけで、目新しい競技に興味がある人に対して宣伝を行うことができます。しかも無料です。さらに得た収益はサイトの宣伝に再投資しているので余計に見る人が増えていきます。この時点で参加した方がどう見ても得です。(実際私はボランティアでやっているので、投稿者や掲載競技が得をするシステムです。)

ハフィントンポストや各投稿者の方々のおかげもあり、アクセス数や参加者数は順調に増加中です。FacebookやTwitterアカウントを使えば、ワンクリックでログインし投稿を開始できますので、是非ご参加ください。自前のページを持っている方は転載も歓迎です。自前のサイトを持つことを推奨しています。ぜひご利用ください。

日本代表倶楽部賞

各競技の普及発展のために、このアウトリーチ能力を付けてもらうにはどうしたらよいか?を考えたところ、日本代表倶楽部では、客観的に見てわかりやすい記事を表彰していくという結論に至りました。記事数にも制限はないので、書けば書くほど練習にもなり、確率も上がります。記事を表彰するので、大会で実績を出した場合、それをわかりやすく書く必要があります。要するにアウトリーチ能力が高いと判断できる、他者が読んでわかりやすい記事を対象とします。

専門家はアウトリーチが苦手か?

確かにステレオタイプで「専門家は説明が下手」というものがあります。客観視やメタ認知という一種のコミュニケーション能力が必要とするアウトリーチ能力は、苦手という人も多いかもしれません。

しかしながら、専門性が高いことと、アウトリーチ能力の苦手さにはおそらく相関がないこと(わかりませんけども)、苦手意識を持っているだけだと思いますので、やはり練習あるのみという結論に至ります。

これも「一般的に苦手と言われているから、出来なくてもよい」ではなく、「一般的にそういわれているけど私はできます。」位にした方がいいでしょう。

そもそも、普及という分野のフロンティアの拡大を目指している状態で、平均や中央値を基準に考えるのはナンセンスです。

アウトリーチは、同じ分野の人にとっては、「ふざけているのか?」と思う位で十分です。小学生でもわかりやすいくらいでちょうどよくなります。ただし、バランスが非常に肝心です。重箱の隅をつつくような例外にばかり目を取られる必要はありませんが、明らかに誤りの虚偽ともとれる誇張は厳禁です。信用を落とします。少なくとも自信満々に嘘を言うのは個人的にも好きではありません。一朝一夕には身に付きませんが、効果はあるので、是非日頃から練習していくことをおすすめします。

シェア

関連記事