ケンブリッジ大学キングスカレッジ前での映画撮影


はじめに

十数世紀の建物が未だ多く残り、見方によっては数世紀前の町並みとしても見ることができるケンブリッジでは、映画や雑誌の撮影に使われる機会が多くあります。今回偶然にもBBCの撮影を見かけたため、本記事にまとめました。

f:id:HajimeShinohara:20150904050514j:plain

スティーブンホーキング博士の映画の撮影も、この周辺で行われていました。

www.creativeengland.co.uk

www.youtube.com

King’s Collage前

King’s Collageの正面に当たるKing’s Paradeは、キングスカレッジの景観と、正に「それらしい」風景でもあることから、観光スポットとしても人気の高いエリアです。週末には多くの観光客が押し寄せています。多くの映画に使われています。今回も、このキングスパレードで撮影が行われていました。

この通りは2014年のツールド・フランスでも使われていました。なんとも使い勝手がいい通りみたいですね。

www.youtube.com

http://4travel.jp

4travel.jp

Granchester 2016 BBC

グランチェスターは、ケンブリッジの南に位置する村ですが、そこを舞台としたドラマのようです。内容は探偵もののようです。

例によって詳しくは他のサイトをどうぞ。

mystery.co.jp

rogueblog.seesaa.net

ameblo.jp

公式サイトによると、続編シーズン2に当たるものの撮影だったようです。

when-will.net

公式サイトがつぶやいています。

撮影風景

さて、肝心の撮影風景です。まずは動画でワンカット分を撮影しているところを撮影し、アップロードしました。

www.youtube.com

それっぽいロケ機材。

f:id:HajimeShinohara:20150904165656j:plain

それっぽいカメラ。なんで二画面なんでしょうね。

f:id:HajimeShinohara:20150904165701j:plain

それっぽい打ち合わせ風景。監督はラフな格好というステレオタイプどおりの、短パンを履かれています。

f:id:HajimeShinohara:20150904165658j:plain

時代設定は1950年代だそうで。写真の車はポリスカーのようですが、これもなんとも時代を感じるつくりです。模型にしか見えないような車も、ちゃんと走るんですねぇ・・・。

f:id:HajimeShinohara:20150904165657j:plain

エキストラの人の服装が、これまたいかにもな感じの服装でした。このシーンではメインは車なので、背景はあまり映らなさそうですが、新聞などもセットされ、かなりセットも手が込んでいました。

f:id:HajimeShinohara:20150904165655j:plain

笑顔で傍観者に応える主演のジェームスノートン氏(James Norton)

f:id:HajimeShinohara:20150905012934j:plain

www.1883magazine.com

ケンブリッジ大学の卒業生でもあるようです。

James Norton (actor) – Wikipedia, the free encyclopedia

尚朝の時間のため、普段はこの通りは通勤通学者が非常に多いのですが、通行止めになっていました。

Agora at The Copper Kettle

キングスカレッジの向かい側、キングスパレード通りには、Agora at the Copper Kettleというレストランがあります。いわゆるイングリッシュ・フル・ブレイクファストの朝食セットで有名なようで、Cambiridge Breakfastで検索すると最上位に表示されています。

thecopperkettle.weebly.com

www.tripadvisor.co.uk

多くの俳優等の写真が飾られています。

f:id:HajimeShinohara:20150904165705j:plain

写真で埋め尽くされた壁が何枚かあります。

f:id:HajimeShinohara:20150904165700j:plain

女王陛下の写真も飾られています。

f:id:HajimeShinohara:20150904165706j:plain

グランチェスターの主演のJames Norton氏の写真もありました。

f:id:HajimeShinohara:20150904165704j:plain

終わりに

普段の生活圏で映画撮影しているって、結構うれしいですね。

シェア

関連記事