新歓イベントの1つPub Golf(パブゴルフ)。イギリス人って、格好はしっかりしても、中身どうでもいいのかねぇ…?ていう話。


「パブゴルフ」”Pub Golf”ってご存知ですか?ゴルフで18ホール回る要領で、パブを回ります。競技としてのパブゴルフ(本当にそんなものあるんだろうか…?)は詳細なルールがあるようですが、今回は、ケンブリッジ大学ジーザスカレッジの新歓で行われたものを紹介します。

まずは、ゴルフのようにスコアカードが配られます。今回は9ホール。

f:id:HajimeShinohara:20161010013920j:plain

ルールによると、

1. スコアを確認するために、バディを組んでください。

2. ホール3ではウォーターハザード(池ポチャ?)によりトイレは使えません。

3. こぼしたらプラス1。

4. すべてのドリンクは10分以内に飲まないといけません。

…はて、結構シリアスなルールに見えます。

尚書いてありませんが、指定された飲み物を飲むと、スコアが「パー」で、残したらプラス1、パスしたらプラス3とのことでした。

さて、行きましょう。

ホール1 J Bar

J BarとはJesus Barの略で、要するにカレッジ内のバーです。最初からテキーラショットが指定。大分激しいセレクション。

ただ、今回来た30-40人のうち、律儀にテキーラショットを頼んでいたのは約5-6人程度。他の人はカードはもらうもののビール頼んだり、コーラ飲んだり。いろいろ。ホール1にして、もはやさっきのスコアカードは役に立っていない。

私もしょっぱなからテキーラショットを飲んだら歩けなくなりそうなので、ビールを頼んで飲んでいた。(パブゴルフの説明記事書く人がそれじゃダメでしょ、というのはまあ、そうなんですがおいておいて。)

ホール2 St Radegund 

さて、そんなこんなで、ホール2にたどり着く。

f:id:HajimeShinohara:20161010015707p:plain

St Radegund, Cambridge – Wikipedia, the free encyclopedia

ホール2の指定ではサイダー。サイダーについてそんなによくわからない私は「サイダーの一番度数が少ないのをください」という効率的なのかチートなのかよくわからないような、頼み方をして難を逃れる。

ただホール2にして飽きてきたのか、スクラブル(文字を組み合わせて単語を作るマインドスポーツ)で遊び始める人が出現。(ていうか持ってきたの誰だよ。)

スクラブル – Wikipedia

筆者、このホール、最もアルコールが薄いサイダーを飲み切り、パー。

この時点で、このパブゴルフのルールを守っている人は数人になっていた気がする。

ホール3 The Elm Tree

ちょっと歩いてホール3。The Elm Tree。このパブはベルギービールの品ぞろえが多くて知られている。

f:id:HajimeShinohara:20161010015853p:plain

The Elm Tree Pub, Cambridge

 ここでの指定は、G&T、ジントニック。まだ律儀にジントニックを頼んでいる私に、新入生ではなく、同僚の友人Aが話しかけてきた。

友人A「エルムツリーに来てベルギービールじゃなくて、ジントニック飲んでるの?え、どうしたの?」

私「え、だってスコアシートにジントニック書いてあるじゃん。」

友人A「おお、それ守っていたのか。いい子ですね。(good boy)」

んー。もはやパブゴルフでスコアシートを守るのは通常ではないのだろうか。とりあえず筆者、またこのホール、ジントニックを無難に飲みパー。

結構なメンバーが飽きてきているようで、見た限りではジントニック頼んでいる人は私のほかには1人だった。(もはや試合になってないんだけど。)

ホール4 The Tram Depot

さらに町中を回り、ホール4。なんか人が減ってきている気がする。気がするんではなくて減っていた。

The Tram Depot pub, Cambridge

ここでの指定は、カクテル。何がおすすめもよくわからなかったので、あたりを見回したところ、ここでは2種類のカクテルがあるらしい。

筆者チェリーポッパーを注文。こちら。チェリー味のカクテルで、バチバチと音を立てる砂糖(なんていうんでしたっけ?)が乗っている。

周りの反応「なにこれ?すごいきれい!」

私「カクテルのチェリーポッパーを頼んだらこんなだった。ホール4カクテルって書いてあるし。」

友人B「ああ、パブゴルフの紙、まだ守ってたの!凄い!」

私「まあ、日本人だからね、ルール守っちゃうんですよね。」

 この時点で、私以外誰もカクテルを注文していなかった。そしてこのあたりから一気に人が減り始め、残り10人ほどでホール5へ。

ホール5 The Alex

約10人ほどで、ホール5へ。えーと、あの、まだ中間地点なんですけど…!?指定はレッドワイン。もはや周りも誰もワイン頼んでいなかったことと、私も既に回ってきていたこともあって、セーブするためにレモネードを注文。ついに誰もやらなくなってしまった。

Home – The Alex Cambridge

ホール5ののち、イベント運営側の一人が、「この後ナイトクラブ行かない?」と言い出した。そして結局帰る組とクラブ組に分かれることに。続行する人だれもいないのかよ。事実上ここで解散。

結果発表

ホール5で全員リタイアにつき、優勝者なし

…。せっかく立派なスコアカードを作って、何人かはゴルフのようなサンバイザーをかぶってきて全員リタイアですか。何のためにやっていたんだろう。結局ただのパブクラウルというパブを回る飲み会と同じになってしまった。むしろ題名が違うだけでパブクラウルを想定していた人も結構いたのだろうけども。

イギリス人(欧米人?)の形から入るのを垣間見た気がした、今日この頃である。

翌日結局誰が優勝したのかを聞いてみたところ「全員棄権だね。優勝者なしだね。」と言っていたので、やはり、公式に優勝者はなかったらしい。なんとも素晴らしい大会だったことで。

まあ、それはそれでもこれが口実でまた新しい人たちといろんな話ができたから、これはこれでよかったのでしょう。だったらイベント名を「パブゴルフ」にしなくてもいいのにね。

関連リンク

パブゴルフをまじめにやる人は、以下のようなページを参照ください。常にチャンポン状態なので相当まわります。パブゴルフの比較的に真面目なルールガイドページ。

www.golf-monthly.co.uk

ちょっと調べたらありました。パブゴルフ競技会。

www.leedsgolfcentre.com

一般的に知られている詳細なルールはWikipediaでも参照ください。

Pub Golf – Wikipedia, the free encyclopedia

 

www.hajime77.com

www.hajime77.com

www.hajime77.com

www.hajime77.com

www.hajime77.com

 

シェア

関連記事