表彰・受賞・助成まとめ


プロフィールページが長くなったことを受けて、主な表彰や助成は本ページに分けることにしました。プロフィールはこちら

なお、賛否両論あると思いますが、私の考えでは非常に失礼にあたると思いますので、受賞を辞退したものについては記述していません。結構前のもので記憶があいまいなもので、かつインターネットからもリーチできないものは割愛しました。

奨学・助成

Winton Scholarship

ノーベル賞輩出数最多として知られる、ケンブリッジ大学物理学科キャベンディッシュ研究所の奨学制度。Winton Capital Management創設者でありケンブリッジ大学卒業生のDavid Harding氏による寄付で創設されたThe Winton Programme for the Physics of Sustainabilityの奨学制度。日本人では史上初で、2017年現在いまだに日本人は私のみです。

ケンブリッジ大学ノーベル賞輩出数最多研究所の特待生制度に採用されるには?

Mr Hajime Shinohara — Winton Programme for the Physics of Sustainability

表彰式などはなかったので、出資者とのディナーの際の写真を張っておきます。左後ろの方がDavid Harding氏。

Funai Overseas Scholarship 船井情報科学振興財団

情報科学に広く関連する分野で大学院博士課程に留学する日本人向けの奨学金。

船井情報科学振興財団 Funai Overseas Scholarship

奨学事業 交流会|公益財団法人船井情報科学振興財団(FFIT)

f:id:HajimeShinohara:20160606050901j:plain

船井哲良会長との授賞式の写真が出てきたので、張っておくことにしました。

British Council Japan Association Scholar

ブリティッシュカウンシルの日本協会が行っている助成。

www.bcja.net

f:id:HajimeShinohara:20160612035849p:plain

ブリティッシュカウンシル日本協会BCJAイギリス留学奨学金【英国/IELTS】

写真は選考委員長の在日マルタ大使館領事長の白鳥令さん。

Doctoral Research Fund

カレッジの博士過程の学生に対する研究助成金。違う時に撮ったものですが、カレッジマスター(Prof. Ian White)との写真があったので張っておきます。

f:id:HajimeShinohara:20160606051559p:plain

International Training Program(ITP) 日本学術振興会

日本の大学院生向けの、海外での数か月の研究助成。若手派遣研究者。

若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(ITP)−日本学術振興会

こちらは当時の義務ブログ。

itp09keio.exblog.jp

ドイツ学術振興会 (DAAD)

ドイツ留学向けの奨学金。

ドイツ学術交流会(DAAD)奨学金【大学(院)・留学】

その際の寄稿はこちら。

英語圏以外の「非英語圏」もおすすめ!?ドイツ留学 -非英語圏のすゝめ-

アントレプレナー

Smart Villages Award

タンザニアでの現地調査・水質調査へ向けた助成金。私としては理工系の研究以外での初めての事業助成。途上国開発のアントレプレナーとして。

Testing water purification products and water testing systems in off-grid communities | Smart Villages

Investigating cost effective methods for testing water quality in the developing world

http://www.winton.phy.cam.ac.uk/winton-report-2015

talks.cam : Development Projects by members of Winton Community

f:id:HajimeShinohara:20160612040252p:plain

写真がなかったのでケンブリッジのNGO Global Equity公式ページの投稿から借用。このプロジェクトからのスピンアウトのひとつがこちら。実際に安価な顕微鏡を作っている。なんだかいろいろ表彰されている。

WaterScope – WaterScope: Empowering communities to combat water inequality

スポーツ

Hawks’ Charitable Award

ケンブリッジ大学体育会のスポーツ賞。ケンブリッジ大学公式競技で特に成果を上げた人に与えられる賞。日本人の受賞は相当にレアで、以下ウェブサイトから見られる限りでは、日本人で史上初、国籍問わずコーフボールでは史上2人目。よって日本人コーフボーラーでは日本人で史上初です。言ってみればホグワーツ魔法学校スポーツ賞。

(ただし氏名・カレッジ・競技名のみの表記であったため、国籍は氏名から予想。日系二世とかだと、もはやわかりません。)

Previous Awards | Hawks’ Club

ケンブリッジ大学体育会・ホークスクラブ【Hawks’ Club】

Douglas Timmins Award

カレッジのスポーツ賞。こちらはカレッジを代表して大学のチームで実績を上げると表彰されます。言ってみればグリフィンドールスポーツ賞。

http://www.jesus.cam.ac.uk/wp-content/uploads/Annual-Report-2015.pdf

ケンブリッジ大学のカレッジの表彰制度。人気ランキング・選び方を左右しているかも。

Half-Blue

ケンブリッジ大学のスポーツ、競技によってまちまちですが、1軍の主にスタメンでオックスフォード大学との試合に出場するともらえる称号。

伝統のオックスブリッジ戦 とグローバルな文武両道の証 “ブルー”

このほかにも、スポーツでは、ネットボールとコーフボールで、プレイヤーオブザマッチ(Player of the match)を何回か表彰いただきました。ただ、その場で言われるくらいで楯などはありません。

上記の来ている水色ラインの白いジャケットがハーフブルージャケットです。

MVP

2017年2月25日のオックスフォード・ケンブリッジ対抗戦 バーシティマッチにて、MVP(Most Variable Player, 最優秀選手)を受賞。これは全競技を対象にしたとしても、統計的に考えても歴史上にも日本人ではなかなかいないのではないか?と思っている。

Players’ Player of the year

メンバー同士の投票で選ばれる年間最優秀選手賞を受賞しました。

欧米式の表彰式・年間アワードセレモニー【オスカー/コーフボール/受賞/表彰状】

ウェブデザイナー/デジタルクリエイター

ウェブデザイナーのコンテストに、運営している英語版のサイトのひとつを送ったら、ファイナリストにノミネートされてしまった。(ただ、メダル・プレートには届かず。)

デジタルクリエイター・ウェブデザイナーの大会に参加。

ただ、ファイナリストへのノミネートが実績になるのかどうかって、実際微妙ですよね。とりあえず、ウェブデザイナーとしては、これが最高です。

本サイトは日本Webユーザーズ協会より、「第41回日本Web大賞!協会ユニーク賞」を受賞しました。

アウトリーチ

今後分野外の人に自分のやっている専門やベンチャースポーツなどについてわかりやすく説明する能力、すなわちアウトリーチ能力は、昨今のメディアの分散化などにより重要になっていくと考えています。

そのような趣旨の大会のひとつ、3分間で自分の研究を専門外の人にプレゼンをする大会”Three Minute Thesis“に出場し、ケンブリッジ大学の予選大会に出場し、優秀プレゼンターとして決勝大会へ出場が決定。

分野外の人に説明する15分間の分野横断型の学会イベント(Graduate Conference)でも、最優秀プレゼンター賞を受賞しました。

これに伴い、ケンブリッジ大学(ジーザスカレッジ)の年次OB・寄贈者園遊会(Annual Alumni and Doner’s Garden Party)において、現役学生代表としての講演を依頼いただきました。

高校生や大学生に対するやる気になってもらう発表は適宜行っています。

その他

フォトグラファー

上記のタンザニアでの実地調査の際に撮影した写真が、研究フォトコンテストのPeople and Skillsカテゴリーで最優秀賞を受賞しました。

【イギリス】海外のフォトコンテスト/コンペにスマホの写真で入賞【研究/コツ】

ドレッサー

もはやこれは、半分ネタでしかないのですが、ハロウィンパーティーで真剣に魔女のコスプレで女装をしたら、ベストドレッサー賞を受賞してしまいました。副賞はディナーチケット。

https://www.instagram.com/p/BMSLLDLlJEe/

Happy Halloween♡#halloween #halloween2016

イギリス・ケンブリッジ大学ハロウィン。真剣に魔女コスプレの女装をしたら何かが起きた話。

他にもあったかな…?思い出し次第追加したいと思います。

終わりに

小学校のころから考えれば、書道の入賞やライフル射撃の入賞、大学の学部でも学会の渡航助成などは多々ありましたが、主な最近のものとしては、以上になります。

シェア

関連記事